ホームページ製作で自社を売り込む〜会社発信はネットから〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
Computer Web Advertising

コストを抑える

最近流行ってきているのがネイティブアドです。ネイティブアドは公告で最近の企業では多くが取り入れています。また、スマートフォンのコンテンツとして使われる事があるようです。

詳細

自分で作る

ホームページは多くの方が利用されています。そんな中、自分でホームページ作成をすることにより、自分だけのホームページを作成することが出来ます。そうすることで他のホームページとは違ったオリジナルティーを出すことが出来ます。

詳細

業者に依頼

業者に動画の作成を依頼することにより簡単に動画を作ってもらうことが出来ます。また、業者に依頼すると自分で作るよりもクオリティーの高い動画を作る事が出来ます。動画作成は業者に依頼するようにしましょう。

詳細

対策を取る

逆SEO対策はなぜ必要か

逆SEO対策が必要になってきた。 通常企業や事業体などは、そのイメージや知名度アップのため、サイトなどの検索でそのキーワードならその企業などのサイトがヒットするようにとSEO対策が取られることが多い。 イメージがよく知名度が高くなるような場合ならそれでよいわけではあるが、誹謗中傷などのマイナスイメージの情報に検索がかかるようになってきてしまう場合がある。 サイト維持にあたり、プラスイメージの情報とマイナスイメージの情報があるため、誹謗中傷などのマイナスイメージの情報が高確率でヒットしてしまうと、企業のイメージなどが悪くなってしまう可能性が高くなる。 そういう場合に、そのマイナスイメージを沈下させるために逆SEO対策が取られるわけである。

対策を取りすぎるとまたデメリットもある

情報にはプラスイメージとマイナスイメージの情報がある。 情報は万能ではないので、いいイメージなら宣伝効果が高く非常に良いが、悪いイメージなら、信用を失う場合や誤解を生み売り上げ等を落とす場合もある。 その悪いイメージを沈下するために逆SEO対策が取られるわけだが、これは諸刃の刃であり、逆SEO対策を施せば施すほど、マイナスイメージは風化する可能性もあるが、その分知名度や宣伝効果が薄れる可能性も出てくるだろう。 そういうわけで、逆SEO対策を取るなら取るで、別途イメージアップのため、SEO対策や他のメディアなどで、宣伝効果を高めるなど、マイナスイメージの沈下と同時にプラスイメージのUPを図る必要はあるだろう。 最近心無い誹謗中傷も多くなっているわけで、そういう場合に逆SEO対策もどうしても必要になってくるだろう。

Copyright© 2015 ホームページ製作で自社を売り込む〜会社発信はネットから〜 All Rights Reserved.